こちらを見つめる女の子

池袋セクキャバの求人情報を見ても今まで働いたことがない人は、本当にこの情報には嘘偽りないことが書かれているのか? と疑ってしまいますよね。
働いたことがある人に話を聞くことができれば、少しはイメージも湧きますが池袋セクキャバで働こうと考える人の多くは家族や友人にも相談できず働き出す方が多いのです。
誰にも聞けない、でも全く知らないままで働くのは不安ですし心細いですよね。
このページでは、ナイトワーク、それも池袋あたりのセクキャバに興味はあるけどあと一歩が踏み出せないという方向けに、どんな仕事なのか、どういう風に働いていけるのかなど詳しい情報をお伝えできればと思います。

池袋セクキャバは何をするのか

池袋にあるセクキャバとは、「セクシー」と「キャバクラ」を掛け合わせて作られた言葉です。
どういうものかまだイメージしにくいと思うので簡単に噛み砕いていうと、女の子とお酒や会話を楽しむだけじゃなく、おさわりも楽しめるキャバクラという感じです。
セクシーって聞くと一気に怪しい雰囲気が漂いはじめますよね……でも、実際にはもっとフランクというかカジュアルというか、気軽な感じなんですよ。
働いている人も、遊びにくる人も、デリヘルやピンサロみたいに作業じみた感じはなく、どちらかというと短い時間の中で恋人のような雰囲気を楽しみながらいちゃいちゃするという感覚かもしれません♪
サービスの提供範囲も、女の子は上半身だけ、お客さんへのサービスは無しというソフトなものですので、ちょっとしたドキドキや刺激を感じたい人が遊びにきてくれることもあります♪
それ以上の過激なサービスは提供範囲外になりますので、風俗店に抵抗がある方でも手を出しやすく、稼ぎやすい仕事でもあるんです。

優遇されている池袋セクキャバ

おさわりができるということは普通のキャバクラで働くよりも金銭的に優遇されていますので、池袋セクキャバには稼ぎたい女の子がたくさんいますよ。
池袋セクキャバでは、普通のアルバイトよりも遥かに稼ぐことができるのでスケジュールに余裕のある大学生や、昼間の仕事だけでは生活が厳しいOLだけでなく、子供を一人で育てなければいけないシングルマザーなど様々な人が働く環境です。
一緒に働く人に刺激を受けることもたくさんあると思いますし、学校や職場では合わない人が多い、という人は同じ仕事をするなかで仲の良い友達もできるかもしれませんよ♪

セクキャバとキャバクラは法的には同じ

池袋にあるセクキャバとキャバクラ、働き方も給料も全然違いますけど、閉店時間の決まりなど法的には同じものが適用されています。
朝まで開いているというイメージの強い池袋セクキャバやキャバクラですが、法的には深夜まで営業することは認められていないんです。
これが、デリヘルだったとすると何時でも呼ばれたらすぐに足を運んでサービスしないといけませんが、池袋セクキャバではメリハリをつけて働くことができますよ。

池袋セクキャバにはこのように、法的に決められていることも多いのですが、実際には暗黙の了解のような感じでうまく地域や他のお店とのバランスを取りながら調整しているのが実態かもしれませんね。
最近では「終電までの勤務OK」という風に求人情報にも大きく書かれていることがあります。その全部が全部、本当に融通をきいてくれるかといえばそうではないのです。
池袋セクキャバのなかには、働く人やお客さんのことよりも、お店の利益を何より優先して強引な営業をしているところがあります。
そのような池袋セクキャバを見分ける方法は、求人情報を見たり、実際にお店に面接に行ったりするのなら絶対に身に付けておきたいスキルのひとつです。

危ないかもしれない池袋セクキャバを見分けるポイントを次のページで詳しくお伝えしますね!